2015年08月01日 (土)

ライバル上場会社との財務分析比較

事例概要

特殊リース事業を営むお客様より、とある上場同業他社と比較した場合の相対的な強み弱みを明確にし、事業計画の策定に役立てたいとの御依頼がありました。

ポイント

外部資料としては、ベンチマーク上場企業(東証JASDAQ)の有価証券報告書、シンクタンク業界レポート、業種別審査辞典、TKCデータベースを活用しました。

対応策

収益のコアとなるA事業の原価構造は当社と同じでしたが、販管費の構造が異なる点
自社の問題として、B,C,D事業との間で事業シナジーが機能しにくい点が、数字上 明らかになりました。

プロジェクトを振り返って

結果としては、概ね社長がイメージしていた通りの結果でした。
しかし、この種類の比較は、次のアクションに活かすことを目的とするべきで、目線を同じくして今後をディスカッションできる仕事はとてもワクワクします。

報酬額 月額顧問料に含む
要した期間/頻度 1ヶ月

関連記事