2016年01月01日 (金)

医療法人の事業譲渡(クリニックの一部譲渡)

事例概要

複数の診療所を運営する医療法人の理事長が、診療所のうち1店舗を知り合いのDrに適正価格での譲渡を希望していらっしゃいました。

ポイント

医療という規制産業においては、保健所や厚生局/都道府県の認可の関係上、通常の事業譲渡とは異なる法規制があります。関係当局(10ヶ所)への申請に加え、患者様や取引先へのアナウンス等、実施するべき事項が多岐に渡るため、綿密な進捗スケジュール管理が必要でした。

対応策

適正譲渡価格については、過去の実績収益力を整理し、今後発生すると見込まれる投資コストも含めて、一定の幅を以って試算しました。
進捗スケジュールフローを作成し、これに沿って無事、再オープンにこぎつけました。

プロジェクトを振り返って

規制産業の事業譲渡は、意外な落とし穴があるため慎重に行う必要があります。

報酬額 非公開
要した期間/頻度 6ヶ月

関連記事