2016年02月15日 (月)

M&Aを行う上での課題抽出

事例概要

M&Aにより成長を考えているお客様より、決算書3期分を入手したため、見て欲しいとの依頼がありました。

ポイント

決算書3期分の分析に加え、TKCデータベースより同業他社との業績比較を行いました。

対応策

M&Aの方法としては、合併/事業譲渡/子会社化/業務提携契約等がありますが、検討の結果、財務状況に比して銀行借入の比率がかなり高く、現実問題としては法的整理を前提とした手法でなければリスクが高すぎるという結論に至りました。

プロジェクトを振り返って

この「現実問題」というものがやっかいです。

報酬額 顧問報酬に含む
要した期間/頻度 1ヶ月

関連記事