2018年01月28日 (日)

【非居住者の生命保険解約返戻金】

【非居住者が得た生命保険解約返戻金の税務】

Q:住民票を抜いて今は海外に居住を移した人(非居住者)が、日本国内の生命保険会社に掛けていた生命保険を解約して、「解約返戻金」を受け取った場合、どのような課税になるのか?

A:生命保険の解約返戻金は、日本での課税となります(国内源泉所得)

【コメント】

海外に居住の地を移し、海外で永住権を得たとしても、「資産運用は日本でされていた」ので、日本国内での課税権が生じるという整理になります。
なお、この場合、日本国内で「納税管理人」を立て、一時所得として申告を行う必要があります。
また、1月1日時点で日本の非居住者となっている場合、住民税は発生しません。

【参考】

所得税法161条2号:国内源泉所得
基本通達161-12:国内にある資産
DHCコンメンタール 所得税法④ – P7171~

ご参考になれれば幸いです。

関連記事