2017年07月12日 (水)

業務プロセスの改善によりプロジェクト採算を可視化

事例概要

プロジェクト型の事業を行っている会社様が、「採算管理が不十分」と「月次決算の締めが遅い」という課題抱えていると伺いました。

ポイント

経営陣としては、新システムを導入することで解決を図ろうとしていましたが、業務フローをお伺いすると、新システムに切り替えたとしても課題は解決せず、業務フローを変更することで乗り越えようとしました。

対応策

ボトルネックは、「外注費 請求書受領後の社内検証プロセスに約1ヶ月を要している」ということに至りました。
そこで、社内業務の短縮化を図るべく業務フローを変更しました。
(請求書は各担当者宛てに到着して、各担当者がチェックした後に購買部へ回付する流れへ)
新システムは、accessのデータベース技術者をクラウドワークスで見つけて委託しました。

プロジェクトを振り返って

新システムを入れれば解決だ!ということもなく…結構大変でした

報酬額 50万円
要した期間/頻度 3ヶ月 / 毎月

関連記事