2017年02月23日 (木)

節税するなら まずはコレ! |国がつくった「経営者の退職金制度」

「節税」には、簡単なものから、複雑なものまで様々ありますが、国がつくった「経営者の退職金制度」(小規模企業共済)は、簡単でかつ副作用が比較的少ないものです。

他の資金を使う節税をやる前に、まずはこちらをご検討ください。

1.効能

「定期預金」みたいなものなのに「100%損金」になる
□ 戻った時に、退職金となり、退職金の優遇税制の対象になる
月7万円/年間84万円までの経費を作り出せます(最大800万円まで)
□ 緊急時には低金利で借入も可能

2.こんな人におススメ

□ 12ヵ月以上、毎月 7万円以上の余裕資金がある
□ 利益が出て、税金が発生している(年間所得が900万円以上ある)
□ 今後も事業を継続する予定がある

上記の要件が揃っていたら、手続きだけでもしておくべきです。

3.副作用

12ヵ月以内に早期解約をすると100%帰ってきません。
12ヵ月以後、240カ月以内に早期解約をすると80%~しか返ってきません!(要注意!!)
http://www.smrj.go.jp/skyosai/051303.html

4.手続き

書類を作成します。

小規模企業共済_サンプル
※代表印2カ所と銀行印2カ所 × 3部(転写式)

5.類似商品比較

似ているものですが、国がつくった「経営者の退職金制度」 (小規模企業共済)よりも、倒産防止共済の方がメリットは大きいように思います。どちらか迷ったら、まずは倒産防止共済の方が良いと思います。

【節税するなら まずはコレ! |倒産防止共済 】


税理士法人ファーサイトでは、節税スキームの効能や副作用、注意点などを、簡単に調べることができます。節税の知識を持つことは、税金の支払に前向きとなり、副作用の回避にもつながることと思います。また、税理士や会計士との対等なコミュニケーションのためにも役立つことでしょう。なお、ご利用にあたっては、ご自身の責任において参考までとしていただき、用法用量などは税理士または会計士の指示をお守りになるようお願いいたします(その他の注意もお読みください)。

関連記事