2016年07月01日 (金)

Airレジ(タブレット型レジシステム)導入支援 その2(小売業)

事例概要

商社から独立して茶葉の小売業(有店舗・WEB販売もあり)を起業することになった社長さまから経理体制をどうしたらいいか相談を受けました。

ポイント

経理業務を効率的にできるようにするのはもちろんのこと、導入コストを抑えつつ、スタイリッシュな店舗空間つくりも意識しました。

対応策

AirレジとMFクラウドの組合せを提案。
店舗での販売実績はAirレジ、WEBでの販売実績はMFクラウドで自動把握できるため、面倒な経理業務は最低限に抑えることができました。

プロジェクトを振り返って

国の実施する軽減税率対策補助金の対象となる小売業であったため、設備投資額の一部が補助金の対象となったこともあり喜んでいただけました。

報酬額 5万円(新規顧問契約のため)、
初期設備投資額 5万円(実費・補助金2万円相殺後)
要した期間/頻度 1ヶ月

関連記事