2016年09月01日 (木)

Airレジ(タブレット型レジシステム)導入支援 その4(飲食業)

事例概要

都内で飲食店を複数店舗経営する社長さんから、各店舗の業績をタイムリーに把握して、経営のスピードを上げたいというご要望をいただきました。

ポイント

従来はいわゆる「ガチャレジ」から出力した売上ジャーナルをもとに会計帳簿を作っていたため、手間がかかり、社長に売上情報が届くまでにかなりの時間がかかっていました。

対応策

Airレジの導入を提案。
Airレジであれば、複数店舗の売上情報が毎日、自動的に集計されて、統計データとして社長がWEBで確認できるようになりました。

プロジェクトを振り返って

濡れたでレジを触ることもあるため、ipadに防水対策を施すなど、飲食店ならではの工夫をしました。

報酬額 3万円(新規顧問契約のため)
初期設備投資額 6万円
(実費、補助金2万円相殺後)
要した期間/頻度 2週間

関連記事